鈴木裕樹、ドラマ、捜査一課

 2017年4月から放送『警視庁・捜査一課長(season2)』鈴木裕樹さんがご出演されます。

先日ドラマの再放送『その男、副署長』を見ていたら、その部下役としても鈴木裕樹さんが出演されていました。

「この方、以前はゲキレンジャーだよなぁ・・」となんて思いながら、テレビを見ているうちに「この前『嫌われる勇気』に容疑者役で出ていたかも?」と思い出しました。

そして「鈴木裕樹さんって、刑事ドラマへのご出演が結構多いのでは?と思いました。

そこで、鈴木裕樹さんの過去出演作品やプロフィールについて、そしてシーズン2に突入する「捜査一課長」の放送開始日についても調べてみました。

スポンサーリンク

鈴木裕樹のプロフィールと略歴

すずき ひろき
鈴木 裕樹
生年月日 1983年10月3日(33歳)
出生地 岩手県
身長 180 cm
血液型 O型
趣味 サッカー・イラスト
特技 漢字検定2級
活動期間 2004年 –
事務所 ワタナベエンターテインメント

33歳なんですね、役柄的にも20代前半くらいなのかと思っていました。

 元々は俳優志望ではなく、小学校の教員を目指し大学で児童教育を学んでいたのだそうです。

大学入学時に高校時代の友人とお笑いコンビを結成し半年ほどで頓挫した後、役者を志して大学を休学し上京をしたのだとか。

決断したら即行動する方のようですね。

そして、上京した2004年の7月にD-BOYS(※)オーディションに合格!

12月に舞台『ミュージカル・テニスの王子様』の大石秀一郎役でデビュー、D-BOYSのメンバーにもなったのだそうです。

(※D-BOYS(ディーボーイズ)とは、2004年に結成されたワタナベエンターテインメントに所属の(若手)俳優集団のこと。城田優さんをきっかけに知名度を上げたと思います。)

とんとん拍子ですね。

D-BOYSであることも、話題作「テニミュ」に出演されていたことも全然知りませんでした。

そして、D-BOYSとして役者経験を積み、2007年『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主役・漢堂ジャン / ゲキレッド(声)を掴まれた・・という流れのようです。

 その後はドラマ出演を主に活動されています。

スポンサーリンク

鈴木裕樹の出演作は刑事ドラマが多い?

 舞台の経験はD-BOYSでの舞台が大半で、鈴木さんの個人的な俳優活動というとテレビドラマが多いようです。

過去のドラマ作品について、それから私が感じた「刑事ドラマへの出演が多いのか」についても併せて確認してみました。

● ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜(2006年、フジテレビ) – ザ・タイガース 役
● レガッタ〜君といた永遠〜(2006年7月 – 9月、テレビ朝日) – 佐野良介 役
● クピドの悪戯 虹玉(2006年10月 – 12月、テレビ東京) – 黒木笙 役
● 獣拳戦隊ゲキレンジャー(2007年2月 – 2008年2月、テレビ朝日) – 主演・漢堂ジャン / ゲキレッド(声) 役
● あんどーなつ 第4話(2008年7月28日、TBS) – 森田優人 役
● チーム・バチスタの栄光(2008年10月 – 12月、関西テレビ) – 酒井利樹 役
● 銭ゲバ(2009年1月 – 3月、日本テレビ) – 菅田純 役
● 水曜劇場・橋田壽賀子ドラマ となりの芝生 第1話・第3話(2009年7月1日・7月15日、TBS) – 要の同僚 役
● 華麗なるスパイ 第4話(2009年8月8日、日本テレビ) – 達夫 役
● イケ麺新そば屋探偵〜いいんだぜ!〜 第8話(2009年8月22日、日本テレビ) – イケ麺うどん屋店員・水沢 役
● その男、副署長 シーズン3(2009年10月 – 12月、テレビ朝日) – 宮下岳 役
● ゲゲゲの女房(2010年4月 – 9月、NHK) – 小林太一 役
● 海賊戦隊ゴーカイジャー 第7話(2011年4月3日、テレビ朝日) – 漢堂ジャン 役
● 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第4話(2011年11月11日、TBS) – 横沢伸一 役
● QP 第7話(2011年11月16日、日本テレビ) – 河野刑事 役
● 鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記(2012年1月 – 3月、東海テレビ) – 坂巻良太(成年期) 役
● 太陽は待ってくれない(2012年5月、テレビ東京) – 江口光 役
● ハンチョウ〜警視庁安積班〜 第8話(2012年5月28日、TBS) – 門脇修二 役
● 警視庁捜査一課長〜ヒラから成り上がった最強の刑事!(2012年7月 -、テレビ朝日 ) – 天笠一馬 役
● 福原警部5(2014年9月20日、テレビ朝日) – 久保田圭介 役
● 水曜ミステリー9 鑑識特捜班・九条礼子2〜骨を知る女〜(2012年10月3日、テレビ東京) – 猿又浩介 役
● 夜行観覧車 第1話(2013年1月18日、TBS) – 呉羽翔太 役
● ガラスの家(2013年9月 – 10月、NHK) – 森田文彦 役
● 鉄神ガンライザーNEO(2014年7月、テレビ岩手) – 日高見アラタ/ガンライザー 役 主演
● 相棒 season13 最終話「ダークナイト」(2015年3月18日、テレビ朝日) – 梶祐一郎 役
● 京都人情捜査ファイル 第5話(2015年5月28日、テレビ朝日) – 真壁剛 役
● 科捜研の女 第15シリーズ 第10話(2016年1月28日、テレビ朝日) – 後藤佑馬 役
● 家売るオンナ(2016年7月13日~9月14日 、日本テレビ) – 八戸大輔 役
● 月曜名作劇場 はぐれ署長の殺人急行 九十九里浜迷宮ダイヤ(2016年12月5日、TBS) – 岩井信人 役

 刑事ドラマ、やはり結構多いですよね。

”事件が起きるドラマ”という括りで探偵ドラマも含むとさらに多くなります。

 しかし、全てが”新米刑事役”ということはなく、犯人・容疑者なども演じられているので、決して役の幅が狭い訳ではありません。

家売るオンナの不動産会社の社員役もなかなか好演だったと思います。

「警視庁・捜査一課長」での役柄と初回放送日について

 『警視庁・捜査一課長』には「ヒラから成り上がった最強の刑事!」というサブタイトルがついています。

現場の刑事から一課長になった、内藤剛志さん演じる「大岩純一・捜査一課長」が、何が起きても部下を信頼し、現場で培った思考とわずかなヒントから糸口を見つけて難事件を解決するという、人間味あふれた刑事ドラマです。

その部下の中心となるのが、金田明夫さん演じる小山田刑事や斉藤由貴さん演じる平井刑事(ニックネームは”大福”)。

それから、前作『season1』で大岩一課長が乗る公用車の運転手だった、鈴木さん演じる天笠刑事は、番組サイトのキャストページによると今回は「捜査一課刑事」となっているので、大岩さんに認められ出世したという設定なのでしょう。

前作よりも直接事件に関わってくるのだと思います。

放送は毎週木曜日、放送開始日は2017年4月13日(木)・夜8時(20時)からです。

初回は2時間スペシャルだそうです。

天笠刑事に代わって、公用車の運転手役として加わる新キャストが田中圭さん。

さらに初回ゲストには、渡辺えりさんや国生さゆりさんも出演されるようです。

私は、鈴木さん演じる天笠刑事にどういう見せ場があるのかに着目して見ようと思っています。

今からとても楽しみです。

スポンサーリンク