小泉孝太郎

 2019年5月、小泉孝太郎さん芦名星さん熱愛報道が出ました。

小泉孝太郎さんが恋愛関連でスクープされたのは約2年ぶりです。

2019年の7月に41歳になる小泉孝太郎さん、当然ながら「いよいよ結婚なのでは?」という声も上がっています。

しかし小泉孝太郎さん、結構細やかな性格で、理想の嫁像・結婚条件も結構ハードル高いんですよね。

果たして芦名星さんは小泉孝太郎さんの御眼鏡に適う女性なのでしょうか?

スポンサーリンク

小泉孝太郎の結婚観とは?

ウェディング風景

 これまでのインタビューなどを見ていると、そもそも小泉孝太郎さんに「早く結婚したい!」という願望はなかったようです。

以前、スポーツ紙のインタビューにて、このようにお話されています。

結婚適齢期は人それぞれにあるんじゃないですかね。
僕は若い頃から「自分は絶対遅い」「40代になってからだな」と直感的に思っていました。
20代で結婚していたら、僕は100%離婚していると思いますね。

小泉孝太郎さんのお父さまは言わずとしれた小泉純一郎元首相ですが、小泉純一郎さんとお母さまの宮本佳代子さんが離婚されたのが、孝太郎さんが4~5歳の時。

あまりお母さまの日常に触れられないまま、父子家庭で育っているせいで、理想の女性像が高くなってしまったのか、厳しく育てられた小泉純一郎さんの理想が高いのかはわかりませんが。

しかし、もういよいよその40代ですよ。

芦名星さんとの熱愛報道の行く末に注目が集まるのも無理はありません。

小泉孝太郎の結婚条件・理想の嫁像1:放置がNG

 しかしながら、小泉孝太郎さんの結婚条件、相手に求める理想の嫁像がかなり古風というか細かすぎるというか・・なんです。

2016年から1年間、番組MCを務めていたフジテレビ系バラエティ番組『モシモノふたり~タレントが”おためし同居生活”してみました~』や、2017年にゲスト出演した『ダウンタウンなう』にて、結婚観というか女性に求める条件をお話されているのですが、一番最初に上げたのが【やりっぱなし(放置)NG】でした。

 

これに関しては聞くとそこまで「細かくて無理~」という程ではありませんけどね。

 

「置きっぱなし、脱ぎっぱなし、やりっぱなしにしたら、誰かが片付けないといけない。
そこにムダが生じる。それが少ない方がいい。」

 

この言葉の中には「その後片づけの肩代わりはしたくない」という意味も含まれるようです。

完全なる亭主関白ですね。

どちらかというと・・というか、ちょっとダラケたゆるい感じの女性よりはしっかり・きっちり小ぎれいにした女性が良い!というのが垣間見られますね。

スポンサーリンク

小泉孝太郎の結婚条件・理想の嫁像2:食前に小鉢でおつまみ

おつまみ小鉢

 小泉孝太郎さんの昭和気質の亭主関白発言は続きます。

 

【女性(彼女や嫁になる人)が台所に立っている時にリビングで待っていたい】

 

要するに一緒に台所に立ってお料理をしたり手伝うことはない、ということですね。

さらに『お酒のおつまみになる小鉢一品を先に出してもらえたら最高』なんだとか。

あらあら、自分だけ先に始めちゃうってことですねw

で、後片づけもちゃっちゃとやっとけ・・ってことですよね←

 

 仮にそれを実際心がけてやる女性でありたいなぁと思ったとしても、相手の男性が「それを当然」と思ってお酒飲んでる人だったら、ちょっと嫌かなぁと思ってしまいました。

一流のお家に育ち、イケメン俳優ともなると「それでもいい(から付き合いたい!)」という女性が現れてしまう訳ですね・・・羨ましいです

(←そんな嫁なら私も欲しいです。女性ですけどw)

スポンサーリンク

小泉孝太郎の結婚条件・理想の嫁像3:洗剤と柔軟剤の使い分け

洗剤や柔軟剤

 いちばんビックリしたのが、↓こちら↓でした。

【季節に合わせて洗剤と柔軟剤を心地よい感じに使い分ける】

 

もっと細かく言うと「洗濯洗剤と柔軟剤の組み合わせを変え、柔軟剤は季節ごとに替える」のだそうです。

 

これってなかなかじゃないですか?

何種類用意しておいたら良いんだろう?

季節の変わりめには、”その日の気温や湿度”によっていちいち考えるんだろうか?

考えただけでめんどくさい・・・←

 

たしかに身につけるものが良い感じに心地よく着られたら、気分良く1日を過ごせそうですけども、そのために毎日洗剤と柔軟剤に悩まされる生活は嫌だなぁ。

まぁ私に求められている訳ではないので、芦名星さんが普通に苦痛を感じることなくできるのであれば、それでめでたし☆ってことです。

小泉孝太郎は使い分けにうるさい?いろいろ性格が細かい!

 小泉孝太郎さんは、他にも『夏場のパジャマは吸水性の高いユニフォームを着る』『ティッシュペーパーも保湿性の高いものと普通のものとを使い分ける』など、いろいろ心地よさを求めて使い分けるのがお好きなようです。

 

独身男性で結婚できない人って、やっぱりこだわりが多いんでしょうかね。

そんな風に思ってしまいました。

 

報道記事に掲載されている”共通の知人(←誰?w)”よると『芦名星さんは地に足がついたしっかりした人で料理上手』らしいので、プラス甲斐甲斐しくお世話ができる古風な女性なのであれば、結婚もありなのかもしれません。

 

 2015年7月にドラマの完成披露試写会でお誕生日をお祝いしてもらった際には、共演者にケーキを食べさせてもらいながら

「結婚式で(こういうシーンを)よく見ますね。小泉孝太郎37歳、東京オリンピックまでに結婚したいです」

2015年の小泉孝太郎

と宣言したそうです。

だとすると、もう来年ですよ☆

もしご結婚されたら、めちゃくちゃ美男美女ですから、勝手に先読みしてお子さんのことも期待してしまいましたw

とうぞお幸せに(^^)

スポンサーリンク