BPA、ダイソー、ウォーターボトル

 食の安全などにこだわる健康志向の友人が

「BPAフリーのボトルがダイソーでも買えるようになった!」

と喜んでいました。

あまり物を買わない私は、そもそも100均のお店に行く機会自体少ないのですが、

健康に関わることのようなので「BPAに関しては知っておいた方が良いのかな」と思い

調べてみることにしました!

スポンサーリンク

BPAとは?

 まず、恥ずかしながら「BPA」というものをわかっていませんでした。

BPAとはプラスチック製品に含まれる原料のひとつ、

ビスフェノールA(bisphenol A)という化学物質なのだそうです。

主にポリカーボネート製のプラスチック、

食器や哺乳瓶、水筒、ラップに使用されていたり、

缶詰の内側のコーティングとして塗られていたり、

歯の詰め物の材料として使われていたりするようです。

 熱や酸に溶けやすい性質から体内に入る可能性があり、

体内に入ると人体に影響を及ぼすと言われ始めています。

厚労省では「健康被害は考えにくい」とうたっているようですが、

欧米では「ホルモンへの影響」、特に代謝能力が未熟な乳幼児や妊娠中のお母さんへの影響が

懸念され、使用禁止としている国もあるのだとか。

BPAフリー容器は安全で安心!乳幼児や妊娠中の方に

 そこで、ここ数年、一般的な水筒やお弁当箱などプラスチック容器とBPAフリーの製品を

差別化するためにこのような「BPA FREE」表記がなされるようになったみたいです。

これまでも比較的赤ちゃんが口にする製品はこのBPAフリーが採用されていたようですが、

それが大人の人体にも影響を及ぼすとか乳がんの可能性とか言われるようになり、

知られるようになってきたみたいですね。

 そしてダイソーがその製品づくりに参入した、ということのようです。

スポンサーリンク

100円ショップダイソーで買える!と話題

 私が知ったのはFacebookに友人が投稿したから、なのですが

ツィッターを見ていても同じように喜びの声がちらほら。

Amazonなどで「BPAフリー・ウォーターボトル」と検索してみると

平均1,000円から2,000円くらいの商品が多いので、

そう考えると100円(108円)で買えたら良いですよね。

ダイソー、ボトル、BPAフリー

このシリーズは色違いもあるみたいです。

(健康も大事ですが、できれば好みの色の物を持ち歩きたいですよね。)

私もさっそく探しに行ってみようと思います。

スポンサーリンク