赤西仁、黒木メイサ、第2子

 赤西仁さんの嫁、黒木メイサさんがメディアに向けて第2子出産の報告をしていましたね。

未だに「元KAT-TUNの」と言われてしまう赤西さんですが、ジャニーズ事務所を辞めてかなり経ちますよね。

赤西仁さんの現在の事務所活動や生活について、調べてみました。

スポンサーリンク

元KAT-TUNの赤西仁、ジャニーズ事務所を辞めグループを抜けたのはいつ?

 私の「KAT-TUNのイメージ」と言えば未だに「Real Face」です。

スガシカオさん作詞・B’z松本孝弘さんの楽曲、今聞いても古い楽曲に聞こえませんし、かっこいい曲だなぁと思います。

KAT-TUNのデビュー曲、もう2006年のことなのですね。

そんな赤西さんが所属グループを抜けたのが2010年、ジャニーズ事務所を辞めたのが2014年ということでいろんな意味で

異例な扱いをされた方だったんなぁと感じました。

ジャニーズを辞めるタレントさんの大半が「グループが解散するのと同時に退社」とか

「所属グループを脱退してすぐ退社」といった形でジャニーズを去っているので、赤西さんも同様に

てっきりKAT-TUNを脱退してすぐにジャニーズ事務所も辞めていたのかと思っていたら全然違っていたので、

今回調べてみて今さらですがとても驚きました。

というより、KAT-TUNでちゃんと活動していた時期が思いのほか短期間でちょっとした衝撃でした。

 これから頑張っていかなきゃならない、要になるはずのデビュー年に語学留学のため無期限休業をしていたり、

KAT-TUN在席中にもソロ活動をしていたりと、

大御所の立場でもないのにわりと自由に動いているということは、ある意味ジャニーさんにかってもらっていたのでしょうね。

KAT-TUNが解散していないのに脱退を認めてもらい、さらにジャニーズ事務所からソロ活動させてもらい、

2012年黒木メイサとの結婚が事後報告であっても「ペナルティ(ツアーの中止・ドラマの降板)」で済んでいる訳ですから。

 「2014年に契約満了、再契約は行わなかった」という理由から円満退社と言われたそうですが、

辞めるまでの態度が事務所にとって従順な姿勢だったようには見えず、正直「円満?」と思いました。

それだけ才能があったのか、かわいがってもらっていたか、ということなのでしょう。

イメージって凄いというか怖いですね。

KAT-TUNを脱退して約7年ジャニーズ事務所を辞めてからは約3年半であることが分かりました。

スポンサーリンク

赤西仁の現在の事務所と芸能活動は?

 赤西仁さんは現在個人レーベル『Go Good Records』で活動されているようです(事務所同様)。

テレビの露出が少ないからか、「第1子で長女のティナちゃんの面倒を見ている」からなのか、

”仕事がなくて干されている””ジャニーズ事務所を辞めて活躍できるわけない”と思う人もいるようですが、

今年2017年5月に代々木第一体育館で2daysのライブをされています。

これまでジャニーズを辞めて、芸能界での存在がなくなり「あんなに人気あったのに・・・」と言われるタレントさんが多い中、

今でもファン相手の活動が出来ているだなんて、ホントに異例の人だなぁと思います。

2016年には海外で行われている音楽授賞式「China Music Award」にて、

「Asian Most Popular Japanese Artist(アジアでもっとも影響力のある日本人アーティスト)」を受賞されたそうです。

オフィシャルサイトファンクラブもちゃんと稼働していました。

赤西仁、今後はパパキャラも出す?

 ジャニーズを辞めてもなお芸能界で活躍されている赤西仁さんですが、

おそらく収入面は今もCMやドラマに出演している黒木メイサさんの方が圧倒的なのではないかと思います。

それもあるのか、赤西さんは長女ティナちゃんの送り迎えもされているみたいですし、

今回第2子・長男くんが誕生した際にもこんなツィートをされています。

 オフィシャルサイトでは「結婚している」「子どもがいる」というような生活感を出していないので、

タレントの方向性としては今もアイドルチックなアーティストで活動されているのかと思っていたのですが、

ファンを大切にしつつも、こういうコメントを出せるようになっているということは、

この先「パパ」の一面もキャラクターのひとつとしてメディアに出られるかもしれませんね。

「あんなかっこいいパパだったらいいのに」とファン層が拡大するかも?

これからの赤西仁さんの活動・活躍ぶりが楽しみです♪

スポンサーリンク