コーヒー、BOSS、CM

 近々、CRAFT BOSS(クラフトボス)というコーヒーが

発売になることを知りました。

普通の缶コーヒーやボトル缶のコーヒーとの違いは何なのでしょうか。

 また、BOSSのCMといえば、トミー・リー・ジョーンズさん

いろんな芸能人・有名人と共演することで毎回話題になりますよね。

今回のクラフトボスのCMでは堺雅人さんを中心に、

成田凌さん、杉咲花さん、ゆりあんレトリィバァさんなどが共演されています。

コーヒーの新商品のこと、CMのこと、それぞれ調べてみました。

スポンサーリンク

BOSSの新シリーズ、CRAFT BOSS(クラフトボス)が発売!

 缶コーヒーのCMで一番特徴的なシーンといえば、

『自動販売機で購入した缶コーヒーを、その場で開けて飲み一息』

という感じだと思うのですが、今度のクラフトボスのCMでは

『オフィスで働く社員が時間をかけてゆっくりコーヒーを飲み切る』

という感じで描かれていて、今までのコーヒーの在り方とは違うことを表現しているように思います。

それから、クラフトボスは今までの缶コーヒーと違い、

容器がペットボトルなので中が見えています。諸々画期的です。

 サントリーによると新商品開発に至る経緯として

「コーヒーの楽しみ方が多様化したこと」を挙げています。

たしかに街中のカフェ数は増加しましたし、

それとともにますます味にこだわる人も出てきていますよね。

 

(大昔は「食後の口直し」「眠気覚まし」「仕事の息抜き」「会議中に飲むもの」といった、

「サラリーマンのための飲み物」みたいなイメージだった気がします(笑))

そして、コーヒーが「カフェでテイクアウトして飲む習慣」が定着してからは、

コーヒーは時間をかけて飲む飲料に変わってきたのでしょうね。

そこで考えられたのが【クラフトボス】というシリーズなのだそうです。

企業として当然なのかもしれませんが、「さすが、サントリー!時代の流れを読んでいるなぁ」と感心してしまいました。

スポンサーリンク

”クラフト”の意味、缶コーヒーとの違いは?

 ボトル缶は当てはまりませんが、缶コーヒーって

一度開けてしまったら一気に飲んでしまわないといろいろ面倒ですよね。

下手に置いたらこぼれるために手で持っておく必要があったり、

ずっと空気に触れているので味が落ちていく気がします。(時に灰皿に間違えられたりw)

そこでペットボトル方式が取られたのだと推測が出来ます。

味に関しても”クラフト”の意味からして、こういうところに着目し、名付けられた商品であると言えるとも思います。

【クラフト】の意味
「技能」や「技巧」を意味する言葉で、それらを駆使して制作したものも指す。
いわゆる「工芸品」や「民芸品」など。
(例)ペーパークラフト、クラフトビール

クラフトというのは「技能」や「技巧」といった、いわゆる「スキル」と似た意味をもっているが、それらによって作られた制作物自体を指すこともある。
クラフトビールとは、小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールで、職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼ぶ。

 つまり、その”ビール版”ということで、時間をかけてもずっと美味しく飲めるように手間暇をかけたコーヒーであると言えそうですね。

サントリーのサイトではクラフトボスの味わいや、それぞれどんな味が特徴的なのかを掲載しています。

●中味の特長
現代のオフィスワーカーの新しい働き方にあわせた味わいを追求しました。時間をかけて少しずつ飲むことを想定し、満足感がありながらも、すっきり飲み続けられる味わいを実現するために、200を超える工程(焙煎・抽出・調合における工程数)を経て、手間を惜しまず仕上げました。

〈クラフトボス ブラック〉
豆の選定、焙煎、抽出それぞれの工程にこだわり仕上げた5種のコーヒーをブレンドすることで、コクがあるのに苦すぎず、飲みやすい「澄みわたるコク」を実現しました。

〈クラフトボス ラテ〉
手間を惜しまず仕上げたコーヒーに、厳選した国産牛乳と北海道産の生クリームを合わせ、甘すぎずすっきり飲みやすい「やさしいコク」を実現しました。

●パッケージの特長
新開発のオリジナルペットボトルを採用しました。嗜好品らしい本格的なコーヒー感がありながら、中味が見えてフレッシュさを表現したボトルに、「クラフトボス」のロゴを配し、手間を惜しまず作り上げたあたたかみを感じさせるデザインに仕上げました。

 早く飲んでみたいです!

ブラックの方がまもなく店頭に出回るようですが、ラテの方は5~6月まで待たなければならないようなので待ち遠しいです。

※出荷停止になっていたラテが2017年10月に再発売になりました!

クラフトボス・ラテはどれくらい売れた?買える店と再開予定について

 

CMに出演しているキャスト、トミーリージョーンズ・堺雅人の共演者たちは誰?

 クラフトボスのCMには、いくつかパターンがあるようなのですが、

公式サイトではまだ1パターンしかアップされていませんでした。

(※2017年10月現在ではすべての動画が見られなくなっていました)

しかし、いくつかの大手情報サイトでCMの撮影風景などを特集した映像、

CMの他バージョンを見ることが出来ました。

「oricon」より新CMの映像とメイキング映像(公開期間が終了しました)

「MAiDiGiTV」よりCM発表会の映像 

これによると、BOSSのメインキャスト、トミー・リー・ジョーンズさん

相変わらず「働く日本人(地球人)を客観的に見守る宇宙人」であるようです。

そして、舞台は『最近話題の新しい働き方を実践している、とあるアプリ制作会社』という設定なのだそう。

 

堺雅人さんが、企画部的な部署の上司(新しい働き方を実践している会社の社員のわりに、

少し考え方が古いタイプ←一般的に”普通”とされる考え方の人)で

部員同士を競わせることで士気を高めようとしていて、

成田凌さん杉咲花さんゆりあんレトリィバァさんが、

30代半ばくらいから上の世代からは少し理解できない部分を持つ、

マイペースで(若いのに)ちょっと勢いに欠ける、でもクリエイティブな社員たち、

ピスタチオの小澤さんは気まぐれで、ちょっと風変わり(?)で勝手な社長という立ち位置のようです。

 そして堺雅人さんが、勤務スタイルや価値観など、

現在ではまだまだ受け入れられていないと思われる事態に遭遇するたびに新しい風が吹くことで、

新しい風=「世の中が予想しない、画期的な事態」=クラフトボスを表現しているのだと思います。

 CMの細かいストーリー展開や撮影エピソードについては、サントリーのサイトに掲載されているのですが、

トミーリージョーンズさんの二人羽織のこと(窓ふき清掃員)、
トミーリージョーンズさんとゆりあんレトリィバァさんとのアメリカンジョークを交えた英会話のこと
ピスタチオの髪型について興味津々な堺雅人さんのことなどが書かれていてとても面白かったです。

 「BOSS」が発売から25周年を迎えるという記念すべき年とのことらしいので、今後もいろいろな展開が期待されそうです。