2019年8月6日、第101回夏の高校野球(甲子園)初日。

高岡商業は初日の第3試合(最終試合)に登場しました。

富山県代表・高岡商は3年連続20回目(富山県最多)の出場で、前年度100回大会では2勝、優勝校の大阪桐蔭に敗退したものの、接戦に持ち込んだ程の実力校です。

そんな高岡商業の初戦からの対戦高校試合結果と大まかな試合展開を(自分で見られる範囲にはなりますが)まとめることにしました。

※試合数が増えてきたら表にまとめる予定です。

にわかファンなので、ミーハーな感想も時々書き加えるかもしれませんが、ご容赦いただけたら有り難いです。

スポンサーリンク

【8月6日】石見智翠館(島根):1日目第3試合 6-4 (先攻)

 他の試合ももちろん・・ですが、いやぁ初日から延長戦に突入するほど白熱した試合でした。

 

試合前、解説者の方が「非常に積極的にバット振っていく」と話されていましたが、予測どおり1回表1番打者から塁に出ていました。

 

1回:1番キャプテンの森田くんがセーフティバント、セカンドへの内野安打で出塁、2番強打者の井林くんをファーボールで出塁させ、3番石黒くんのバントが功を奏して1アウト2塁3塁。

地道に進めていき1アウト満塁→5番藤井くん、何度もファールで粘った末4ボール→押し出しで1点

◆2回:7番荒井くんがセンター前ヒットで塁へ、そして送りバントで2塁。

そこへ再び1番森田くん。

打った球がレフトへ!風(いつもと逆方向)が味方して、流れてレフトポールに当たり2ランホームラン☆ 2点

打つ直前に気合いの雄叫びをあげていたのが、とても印象的でした。

 

7回:好返球やダイビングキャッチなど守備でも活躍の4番堀くんがフォアボールで出塁。

5番藤井くんの三遊間→レフトの選手がキャッチしたボールを弾いてしまい、切望していた1点獲得。

 

先制点から追加点まで取り、このまま勝ち逃げるかと思いましたが、5回裏あたりから流れを掴んできた石見智翠館に6回と8回に1点ずつ入れられます。

そして7回に1点こそ返しましたが、9回裏に2点を入れられて4-4の同点に!!!

延長戦になりました。

2点リードでちょっと気が緩んでしまったんですかね・・

 

 しかし、そこで心折れることなく高岡商が延長10回に2点を取り、相手の攻撃をきっちりを押さえ、勝利しました。

どちらも積極的に攻めていくチーム、どちらのチームもショートを1年生の選手が守るなど、共通点が多い高校ということもあり、とても見応えがありました。

スポンサーリンク

【8月12日】神村学園(鹿児島)7日目第4試合:4-3 (後攻)

4回:2点

7回:1点

8回:1点

神村学園に7回に1点、9回表に2点・・・と1点差まで追いつかれますが、なんとか守りきり試合終了!

※追って追記します。

 

 

試合終了後に追記していきます。