2019年8月6日、第101回夏の高校野球(甲子園)初日。

神村学園は1日目の第2試合に登場しました。

鹿児島県代表・神村学園は2年ぶり5回目の出場です。

その神村学園の初戦からの対戦高校試合結果と大まかな試合展開を(自分で見られる範囲にはなりますが)まとめることにしました。

にわかファンなので、ミーハーな感想も時々書き加えるかもしれませんが、ご容赦いただけたら有り難いです。

スポンサーリンク

【8月6日】佐賀北(佐賀):1日目第2試合 7-2 (後攻)

 初日の2試合目は九州対決でした。

 試合前、実況席の解説者の方が「”打たせて取る”というピッチャーを中心に守備に重きを置いている点などわりと似たチームなので、最後までもつれる試合になるのでは」と話していらっしゃったのですが、蓋を開けてみると『7-2』という差が出る試合結果となりました。

 やはり先制は有利になるのでしょうか、1回裏から3点を先取しました。

 

1回:先頭バッター1番森口くんがいきなり塁に出て、2番田本くんがセーフティバントで1塁2塁
→ノーアウトから3番古川くんの送りバント・・だけのはずがサードからファーストへの送球が悪送球になり1得点!!

この時点でランナーが2塁3塁→ファーボールで満塁→5番田中(大)くんのスクイズで1点追加

7番田中くんが打ったボールをショートの選手がエラーでさらに1点で、1回に合計3点

 

2回:2アウトまで打ち取られたにも関わらず、3番古川くんがツーベースヒット!
→そのチャンスを逃すことなく4番桑原くんがライト方向にヒットで1点追加。

続く5番田中(大)くんのヒットによりさらに1点

2回だけで5点のリード。

素人目ですが、この回に主力打者の選手たちが相手ピッチャーの投球のコツを掴んだように見えました。

※5点めが入った後、6番打者の打った球をサードの選手が走路上でキャッチ、ランナーの田中くんとかなり思いっきりぶつかってしばらく起き上がれないというアクシデントがあり、冷や冷やしました。

 

7回:3番古川くんのヒット、さらに4番桑原くんが打って1点追加・・になると思いきや、ライトのエラーによりバッターもホームへ。2点獲得!

これがダメ押しになった気がします。

4番桑原くんは足に若干のトラブルが感じられたのですが(チームメイトに肩を借りてベンチへそのまま守備は交代)勢いそのままに9回表で試合終了!

 

神村学園の監督は「以前の選抜高校野球で”打”のチームを作って臨んだ際12-0で大敗した。いくら打てるチームを作っても守りからリズムを作らないと打つことができない」と過去に学ばれたそうなので、今回の試合でその教訓が生きましたよね。

佐賀北も「接戦で後半を迎えたい」と1回表から攻めて行きましたがホームベースでタッチアウト、5回と6回に1点ずつ取りましたし、中盤の守りはすごく良い感じでしたが、逆転には至りませんでした。

 

 神村学園は、これまで2回戦突破の実績がないそうなので、次の試合も気合充分の様子でした。

スポンサーリンク

【8月12日】高岡商(富山):7日目第4試合 3-4 (先攻)

 4回裏に2点先取された神村学園でしたが、7回に1点、9回表に2点まで追い上げ、あと一歩!というところでしたが、高岡商業には及ばず・・

「悲願の2回戦進出」は果たせませんでした。

 

お疲れ様でした。